ラグビー初心者サイト | ラグビールール・ラグビーの楽しみ方など

カウントダウンタイマー

基本ルール

ラグビーのルールは初心者には複雑に見えるのはよく聞く話しですが、ルールをきちんと押さえなくてもラグビーは十分楽しめます。以下にある基本的なルールだけを覚えて観戦してみてください。

プレーヤー全員が手を使えますが、ボールを前に進める方法は足(走る、蹴る)のみ

①ボールを前に投げたら反則 ※“前”とはゴールライン方向
  自分の真横か後方にいるプレーヤーにパスすることはできる。
②ボールを前に落としても反則(パスされたボールをキャッチしそこねても反則)
 

攻撃側のプレーヤーはボールを持った味方プレーヤーより前方にいたらプレーに参加できない

 プレーに参加したら反則
 

相手の攻撃を食い止める方法は「タックル」
但し、

 ①タックルはボールを持った相手にのみできる。ボールを持っていない相手にタックルしたら反則
 ②相手プレーヤーの肩の線より上へタックルすると反則
 ③タックルされたプレーヤーはボールを放さないと反則(膝が地面につくとタックル成立)
 ④タックルしたプレーヤーは相手が倒れたらすぐに相手から離れないと反則
 

選手が集まって密集になると特別なルールがある

 ①密集の中では地面にあるボールに対して手を使うと反則
 ②密集の中では立ってプレーしないと反則(倒れたプレーヤーは何もできない、密集から速やかに離れる)
 ③密集に後から参加するプレーヤーは密集の最後尾から密集に参加しないと反則
 

以下の場合、相手側のゴールポストに対してボールを蹴ることができる

 ①トライをとる⇒この後に与えられるキックをコンバージョンゴールという(2点)
 ②相手プレーヤーが重い反則を犯す⇒この後に与えられるキックをペナルティゴールという(3点)
 ③手から落としたボールを一度地面にバウンドさせて蹴り上げる⇒このキックをドロップゴールという(3点)
                                         *ドロップゴールはいつでも狙える。