ラグビー初心者サイト | ラグビールール・ラグビーの楽しみ方など

カウントダウンタイマー

ブレイクダウンの攻防

攻撃側のプレーヤーがタックルされて前進が止まると両チームのプレーヤーが集まってきてボールの争奪戦が発生します。この攻防を“ブレイクダウン”と呼びます。
通常はタックルされたプレーヤーに味方のプレーヤーがすぐに複数人集まることで、密集から攻撃側にボールが出てきますが、ブレイクダウンの攻防が激しくなるとターンオーバー(相手ボールを奪うこと)が起きることがあります。
この場面ではお互いのプレーヤーが相手に激しく当たって、タックルされて倒れているプレーヤーを乗り越えようと(タックルされたプレーヤー以外の相手プレーヤーを押しのけようと)します。
そこまでいかなくても、ブレイクダウンで押された攻撃側は素早くクリーンなボールを出すことができなくなります(攻撃側のプレーがスローダウンする)。
従って、ブレイクダウンで優勢にたてたチームがゲームを有利に進めることができます。
ブレイクダウンではフィジカル(身体)とパワーのあるプレーが求められるため、多くの場合大きくて強いフォワードのチームが有利です。
体の小さいチームは素早く密集に集まり、相手の圧力を受ける前にボールを確保して対抗しますが、これに人数をかけすぎると攻撃できるプレーヤー(密集にいないプレーヤー)が少なくなってしまいます。また、このときに相手にターンオーバーされてしまうと防御が手薄になり、不利な状況に陥ります。
このようにブレイクダウンはゲームの流れを左右する重要な場面になりますのでよく観察しましょう。