ラグビー初心者サイト | ラグビールール・ラグビーの楽しみ方など

カウントダウンタイマー

オフロードパスは体幹の強さとボディバランス

オフロードパスとはタックルされながら行うパスです。
ラグビーではタックルされて倒されたらボールを放さなければいけませんが、倒される前ならパスしても問題ありません。また倒れても素早くパスをすれば反則をとられません。
またオフロードパスをするにはボディコントロールが必要です。
ボールをとられないように相手からできるだけ離れた位置でボールをもち、タックルに来た相手に対して1対1で負けないように相手のタックルをずらすことが必要です。
相手のタックルが足に来た場合はオフロードパスをしやすいですが、上の方に来られると手の動きが制限されて難しくなります。
オフロードパスが成功して味方のプレーヤーにボールをつなげられればチャンスが広がります。
国際試合では手足の長い外国チームにオフロードパスをつながれて苦戦する場面がみられます。