ラグビー初心者サイト | ラグビールール・ラグビーの楽しみ方など

カウントダウンタイマー

タックルは勇気の象徴

“タックルはラグビーの華”
と言われますが、ラグビーのタックルほど見るものの心を揺さぶるものは他にはないかもしれません。
しかし、そのようなタックルは簡単にできるものではありません。
パワーやテクニックも必要ですが、何といっても“勇気”が必要です。
見ている人には、“オーっ!”、“すげーっ!”のタックルですが、やる方、やられる方にとっては痛いプレーです。更に自分よりもずっと体の大きなプレーヤーが突進してきたらやはり怖いものです。

 

タックルに入る際、躊躇すればタイミングがずれます。
そして気持ちの入っていないタックルは容易に交わされます。中途半端なタックルでは却ってケガをするかもしれません。
恐怖に打ち勝ち、倒すべき相手に意識を集中して瞬時に体を反応させます。
気持ちの入ったタックルが見る者を感動させるのです。
そして気合の入った“ナイスタックル”は、チームの仲間にも勇気と勢いを与え、試合の流れすら変える力があります。
大きなプレーヤーが相手でも臆せず身を挺する彼らの勇気に拍手!