ラグビー初心者サイト | ラグビールール・ラグビーの楽しみ方など

カウントダウンタイマー

注目したい選手

ラグビーワールドカップ日本大会に向けて注目したい選手を紹介します。(敬称略)

 

◆リーチ・マイケル(札幌山の手高校→東海大→東芝)

リーチマイケル

 

1988年10月7日生まれ。父はニュージーランド出身でスコットランド系白人、母はフィジー出身だが、2013年に日本に帰化。高校生のときに札幌山の手高校に留学して以降、日本在住。妻は日本人で大学の同級生。 ポジションはナンバーエイト(No8)、フランカー(FL)。 身長 190cm、体重 105kg。日本代表キャップは53(2017年11月現在)。 2015年のワールドカップ日本代表のキャプテン(2011年、2015年のW杯出場)。スーパーラグビーの強豪・チーフスにも所属(2015~2017)し、スタメンとして活躍。ニュージーランドスタイルのカフェ「Cafe+64」のオーナーでもある。2018年よりサンウルブズに所属。

 

 

田中史朗

◆田中 史朗(伏見工業高校→京都産業大学→三洋電機(現パナソニック)

 

1985年1月3日生まれ。日本人で最初のスーパーラグビープレーヤー(ハイランダーズ:2013~2016)。ポジションはスクラムハーフ(SH)。 身長166cm、体重75kg。 日本代表キャップは64(2017年11月現在)。したたかで的確な判断を得意とする。2011年、2015年のW杯に出場。子供に間違えられることが多いため、ひげを蓄えている。妻は同じ会社(三洋電機)の元バトミントン選手。日本ラグビーの発展に対する情熱は誰よりも強い。2017年よりサンウルブズに所属。

 

 

 

◆山田 章仁(小倉高校→慶応大学→ホンダ→三洋電機(現パナソニック))

 

山田章仁

1985年7月26日生まれ。長年日本代表を目指してきたが中々認められず、2015年のW杯でその能力を開花させた遅咲きのプレーヤー。サモア戦の“忍者トライ”は記憶に新しい。2016年のスーパーラグビーでは、リオ五輪7人制に出場するためにサンウルブズを途中離脱するまではトライ数トップであった。日本代表に選ばれるまでは奇抜な髪型で目立とうとしていたが、当時の代表ヘッドコーチのエディ・ジョーンズに注意され、普通の髪型になった。妻はモデルとして活躍する山田ローラ。ポジションはウィング(WTB)、フルバック(FB)(高校1年、2年時はフルバック、3年時、大学1年時はスタンドオフ)。 身長 181cm、体重 90kg。日本代表キャップは23。(2017年6月現在)
2012年にはアメリカンフットボール・Xリーグ、ノジマ相模原ライズの一員として秋季リーグに出場。2016年リオデジャネイロオリンピック・7人制ラグビーに出場し、4位の成績をおさめる。2018年より再びサンウルブズに加入。

 

◆松島 幸太郎(桐蔭学園高校→シャークスアカデミー→サントリー)

松島幸太郎

 

1993年2月26日生まれ。父親はジンバブエ人、母親が日本人である。日本人離れした身体能力でディフェンスをかわし、2010年度の第90回全国高校ラグビー大会で桐蔭学園初の優勝に貢献(東福岡高と両校優勝)。高校卒業後、出身地・南アフリカのラグビーチーム、シャークスのアカデミー(育成組織)に2年間在籍。ラグビー留学中は南アフリカのU-20代表候補にもなる。2014年、サントリーサンゴリアスに加入。スーパーラグビー参加歴は、2015年ワラターズに加入(試合出場なし)、2016年レベルズに加入し5試合に登板。2017年よりサンウルブズに加入。ポジションはセンター(CTB)、ウィング(WTB)、フルバック(FB)。身長 178cm、体重 88kg。2015年W杯メンバー。日本代表キャップは28(2017年11月現在)。2017年11月の日本代表のヨーロッパツアーではFBとして大活躍。ハイボールに強く、アタックでは度々ゲインを切り、容易に倒れない強さを見せた。ジャッカルもうまい。ブラシの先のような髪型がトレードマーク。2017年-2018年トップリーグのMVPに史上最年少で選ばれる。

 

◆堀江 翔太(島本高校→帝京大学→三洋電機(現パナソニック))

堀江翔太

 

1986年1月21日生まれ。田中と共に日本人のスーパーラグビープレーヤーの草分け。2013年~2014年の2シーズン、オーストラリアのレベルズに在籍。2016年よりサンウルブズでプレー。2011年、2015年のW杯に出場。とても器用であり、パス、ラン、キックどれもFWプレーヤーらしからぬ高い精度のプレーができる。走りながらほぼ真後ろに繰り出すパスは必見。いつも奇抜な髪型をする(ここ最近はドレッドヘアー)。また試合前のウォーミングアップでは両腕を拡げて互い違いに肩で回転させる(肩甲骨を動かす)動作は有名。身長180cm、体重105kg。ポジションはフッカー(HO)。日本代表キャップは55(2017年11月現在)。

 

◆福岡 堅樹(福岡高校→筑波大学→パナソニック)

福岡堅樹

 

1992年9月7日生まれ。山田と並ぶ日本のトライゲッター。トップスピードまでが著しく速い。大外のタッチライン際を駆け抜けるウィングのお手本的プレーヤー。ここ数年でディフェンス能力も目覚ましく進歩しており、そのスピードと果敢なタックルで多くのピンチを救っている。度胸もありハイボールキャッチも全く臆さない。実家は医師の家庭で、本人も医者を志望しており、2020年東京オリンピックの7人制を最後にラグビーからの引退を表明している。子どもの時から続けているピアノが得意。主なポジションはウィング(WTB)。 身長 175cm、体重 83kg; 日本代表キャップは25(2017年11月現在)。2015年W杯メンバー。2016年リオデジャネイロオリンピック・7人制ラグビーに出場し、4位の成績をおさめる。2017年よりサンウルブズメンバー。

 

◆アマナキ・レレイ・マフィ(花園大学→NTTコミュニケーションズ)

アマナキレレイマフィ

 

 1990年1月11日生まれ。トンガ出身。花園大学ラグビー部(関西学生ラグビーBリーグ(2部))に勧誘され来日。大学卒業後の2014年にNTTコミュニケーションズに入団。トンガから代表のオファーがあったが辞退し、2014年エディー・ジャパンのメンバーに選ばれる。抜群の突進力とパワーを兼ね備え、“フィジカル・モンスター”の異名をもつ。2014-2015年のトップリーグの試合中、股関節を骨折し入院(全治10ヵ月)、ワールドカップへの出場が危ぶまれたが直前に間に合う。ワールドカップではエディー・ジャパンの隠し玉となり、ベンチスタートからのインパクトプレーヤーとして活躍。そこで世界の注目を浴び、NTTコミュニケーションズに籍をおいたまま、イングランド・プレミアシップに加盟するバースに加入。2017年からはオーストラリアのスーパーラグビーチームのレベルズに加入し、先発No.8として大活躍。2017年シーズンのスーパーラグビー・ベストフィフティーンに選ばれる。奥さんは大学時代に知り合った日本人。ポジションはナンバーエイト(No8)。身長は189cmで、体重は112kg。日本代表としてのキャップ数は19(2017年11月現在)

 

◆田村 優(国学院栃木→明治大学→NEC→キャノン)

田村優

 

1989年1月9日生まれ。日本のスタンドオフの第一人者。明治大学時代から中心選手として活躍。パス、キックに関しては天才肌。2012年4月28日、アジア5カ国対抗の対カザフスタン戦で日本代表として初キャップを獲得。2015年8月、ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれる。また同年12月スーパーラグビーの日本チームサンウルブズの2016年スコッドに入り。プレースキッカーを務めるがインターナショナルレベルまではまだ精度の向上が求められる。父は帝京大学、トヨタ自動車の元選手で元豊田自動織機監督の田村誠。母は沖縄県浦添市出身。弟の田村熙は兄の優と同じく明治大学出身で現在はサントリーに所属。身長 181cm、体重 92kg。日本代表キャップは48。(2017年11月現在)

 

◆流 大(荒尾高校→帝京大学→サントリー)

流大

 

1992年9月4日生まれ。テンポの速いパスワークでゲームをコントロールするスクラムハーフ。ゲーム判断にも優れ、空いたスペースを攻略する。2017年4月22日にアジアラグビーチャンピオンシップ2017韓国戦にて先発出場で日本代表初キャップを獲得。2018年よりスーパーラグビーのサンウルブズに加入。キャプテンシーに優れ、帝京大学の大学選手権6連覇、サントリーの日本選手権2連覇に貢献。今シーズンはウィリー・ブリッツとサンウルブズの共同キャプテンも務める。現在、田中史朗選手と日本代表のスクラムハーフのポジションを争っている。

 

 

(執筆予定)
◆立川 理道(CTB)
◆山沢 拓也(SO)
◆姫野 和樹(LO、FL)
◆布巻 峻介(FL)