ラグビー初心者サイト | ラグビールール・ラグビーの楽しみ方など

カウントダウンタイマー

7人制と15人制との違い

7人制もグランドは15人制と同じなので、攻撃側には大きなスペースが与えられる一方、防御側の守備範囲は広くなります。一度相手の防御の裏に出られれば一気に相手ゴールまで走りきることもできます。15人制と比べてボールを保持し続けることがより重要なので、陣地を取るキックはほとんど行いません。人数が少ない分、15人制に比べ選手ひとりひとりの能力が試合に影響します。

 

 

7人制のポイントをまとめると次のようになります。
・コンタクトや当たりを回避して相手をスピードやステップで抜くプレーが多い(密集プレーが少ない)
・BKだけでなく、FWの選手も速さと運動量が必要
・グランドの広さは15人制と同じで選手が少ない分、7人制の方が見ていて分かりやすい
・7人制は試合時間が短く、1チームで1日2・3試合するので、オリンピックや世界大会でも3日間程度で決着がつきます。

 

 

7人制

15人制

試合時間 前後半7分ずつ 前後半40分ずつ
ハーフタイム 2分以内 15分以内
シンビン(イエローカード) 2分 10分
フォワード 3人 8人
バックス 4人 7人
リザーブ 5人 8人
スクラム 3人 8人
リスタートキック トライをあげたチーム トライされたチーム
コンバージョンキック ドロップキックでトライ後40秒以内、チャージ禁止 プレースキックまたはドロップキック