ラグビー初心者サイト | ラグビールール・ラグビーの楽しみ方など

カウントダウンタイマー

ポジション

大きくフォワード8人とバックス7人に分かれます。

 

ラグビーポジション 
・フォワードは常にボールのあるところでボールの確保に努めます。パワーと肉体の強さが求められるポジションです。
・バックスはフォーワードが獲得したボールを供給されて、パスワークとキックそしてランを駆使してボールをゴールまで運ぶポジションです。足の速さと器用さが求められます。

 

防御に回った際は、相手のフォワードにはフォワードの選手が、バックスにはバックスの選手がタックルに行くことが昔は多かったのですが、今は関係なくなってきています(バックスの選手も大型化しています)。
更にフォワードは以下の5つのポジションに分かれます。これはスクラムを組む際の位置から来ています。

 

プロップ(第一列):スクラムの最前列3人のうち両側の2人。最も重圧がかかるポジションなのでパワーがあって頑強な人がやります。スクラムの専門職(このポジションは代役がきかない)
フッカー(第一列):スクラムの最前列3人のうち真ん中。スクラムのコントロール、投入されたボールをスクラムの後ろへ掻き出す。また、通常フォワードで一番背が低いためラインアウトでスローワーを務めます。
ロック(第二列):スクラム2列目の2人。強力な押しを前3人に伝える。ラインアウトではジャンパー(ボールをキャッチする人)を務めることが多い。従ってチームの中で力のある“巨人”のプレーヤーが務める。
フランカー(第三列):スクラム3列目(実際は2列目に位置する)で最も早くスクラムから離れられるため、スクラムから出たボールを追いかけ、フォワードの中で真っ先にボールに絡む。よってスピードも要求され、攻守に活躍するだけの高い身体能力、運動量が求められる。
No.8(第三列):スクラムの最後尾。スクラムを押す、スクラムから出たボールを自ら取ってスクラムサイドを突く、相手の攻撃を真っ先に止めるなど攻守にわたってハードワークをする。

 

バックスはフォワードから供給されたボールを手にする順番で次の5つのポジションに分かれます。
スクラムハーフ(SH):スクラムなどの密集でフォワードが確保したボールをバックスにつなぐことがメインだが、状況に応じて、キックや自ら突進するなどしてゲームをコントロールする。
スタンドオフ(SO):スクラムハーフからパスされたボールをパスするかキックするか自ら持って走るかを選択して攻撃の起点をつくる。相手プレーヤーとの距離がある位置にいるため、他のポジションと比べて次のプレー選択に余裕がある。
センター(CTB):スタンドオフからボールを渡されたらできるだけ前進して、次の攻撃の起点(密集)を作る、または相手防御を引き付けて、ウィングにいい形(ウィングが相手を抜きやすい状態)でボールをつなぐ。
ウィング(WTB):味方からパスを受け取ったらゴールを目指して駆け抜け、トライすることを目指す。
フルバック(FB):防御の最後の砦。サッカーでのゴールキーパー的存在。味方のタックルを交わして抜け出てきた相手プレーヤーを阻止する。また相手が自陣深く蹴りこんできたボールを確実に確保し、状況に応じた処理(キック、カウンターアタックなど)を行う。
※カウンターアタック:フルバックが相手のキックを自陣ゴールを背にして受け取ったあと、キックで切り返さず、ランで攻撃に転じて相手に攻入ること。

 

このようにポジションごとに役割がありますが、違うポジションの役割を担ってもルール違反になることはありません。(※「らぐびー雑学」の「ポジションの由来は8列」も参照ください)