ラグビー初心者サイト | ラグビールール・ラグビーの楽しみ方など

カウントダウンタイマー

ラグビー選手のガタイがいいのは何故ですか?

ラグビーはボールを相手のゴールに置くことを競うスポーツです。最初から最後までひとりでやることも可能です(めったにありませんが)。
防御側は、ボールを持った相手選手の前進を阻止します。通常、相手を捕まえれば(タックル)相手の前進は止まります。でも、膝が地面につかなけれぱタックルは成立しないため、相手の攻撃は続きます(身体が大きくてパワーのある選手は捕まっても力づくで前進します)。
ラグビーでは、捕まって倒れる(膝をつく)と、ポールを放さなければいけません。相手の手から離れたボールを奪えれば、こちらに攻撃権が移ります。
従って、ディフェンスする側は、タックルで確実に相手を倒すことがとても重要です。
ボールを持って突進するにも、ボールを持って走ってくる相手を捕まえるにしても、身体が大きくて強い方が有利です。
ラグビーには格闘技の要素がありますが、格闘技のような体重による階級制はありません。
身体の大小に関係なく試合を行います。
身体が大きい方が有利ですが、大きいチームが必ず勝つとは限りません。
小さなチームがスピードと技術で大きなチームを破ることも多々あります。
以前の大学ラグビーでは、早稲田大学と明治大学の試合が正にそうでした。
重量フォワードの明治に対して軽量の早稲田は素早い展開ラグビーで対抗し、毎年白熱した名勝負を見せてくれました。
しかしながら、世界的にみると日本代表はとても小さかったので、身体が大きくてパワーのある外国のチームにはほとんど勝てませんでした。
その後ラグビーの代表になるための資格が国籍に依らなかったことから、日本でプレーしている外国人が入るようになりました。外国人の割合がチームに数人のころは、チームとしてはまたまだ小柄だったため、やはり強豪チームに勝つところまでには至りませんでした。
その後、ラグビーのプロ化の影響で日本でプレーする外国人選手が急増し、日本代表の資格を持つ外国人が増えたことで、代表になる外国人の割合か増え出すと、日本代表も海外の強豪チームに勝てるようになりました。もちろんこれは代表に外国人選手(日本に帰化した選手が多い)が増えたことだけが理由ではありませんが(外国人選手と一緒にプレーする経験が増えて、日本人選手たちが彼らに対抗できるように成長したことも大きい)、フィジカル(身体的要素)がラグビーにとっていかに重要かを物語っています。
こうしたことから、ラグビー選手はみな身体を大きくすることを心がけています。