ラグビー初心者サイト | ラグビールール・ラグビーの楽しみ方など

カウントダウンタイマー

マイナーチェンジはしばしば

ラグビーは他のスポーツに比べ、ルールの変更が頻繁に行われています。
それは、ラグビーをよりスピーディで魅力的にするため、そしてプレーヤーの怪我の防止などを目的としています。改定のポイントは主に3つ。

 

1.アタック側が有利になることで得点機会を増やし、見ていて楽しい試合を演出する
2.インプレーの時間を長くして(試合を途切れさせないようにして)、試合をよりダイナミックにする
3.プレーヤーの安全面の確保

 

今までの主なルールの改定は次の通りです。

対象

今まで

現在

目的あるいは効果

トライの得点

戦後からでは3点から始めり4点

 

*元々はトライには配点が無く「ゴールキックを蹴る権利」を得るための行為であった。その名残が“コンバージョンキック”。トライで取った得点がゴールが入ることでより高い得点に変換(コンバージョン)されるというもの

5点 ゴールキック(ペナルティゴールを含む)よりもトライをとることを重視
トライ後のコンバージョンキック ボールをセットしてから60秒以内に蹴る トライをとってから90秒以内に蹴る 試合をよりスピーディーにする
スクラム 双方のフロントローが相手とタイミングを見計らって組む レフリーのコールに従って組む 公平かつ安全にスクラムを組む
モール・ラック 確保していつでも出せるボールをある程度保持していても可

明らかにボールが出せるとレフリーが判断したら“ユーズイット”とコールし、5秒で密集から出さなければならない
(モールは密集の中でのボールの動きが止まる、あるいはモールの前進が止まったら5秒で出すさなければならない)

密集で時間稼ぎをさせず試合をダイナミックに動かす
ラインアウト ラインアウトのジャンパーを持ち上げる(リフティング)と反則 リフティングはOK 身長差による影響が軽減
クイックスロー スローインはゴールラインに平行 スローインはゴールラインに平行より後方(自陣ゴール側)であれば可 試合の継続を確保
ペナルティ時のタッチキック タッチを割った後のラインアウトは相手側のボール タッチを割った後のラインアウトは蹴った側のボール 攻撃側を有利にする
選手の交代 ケガなどでプレイの続行が困難と認められた場合のみ 監督あるいはHCの判断でいつでも可能(リザーブの人数まで) 元気な選手と入れ替えて攻撃的プレイを継続させる、選手寿命を延ばす(結果、戦術的交代となっている)

 

そして、今回また新たな試験的ルールが施行されます。

【試験的ルールの開始日】

今回承認された試験実施ルールの適用は以下の日程。

 

・北半球:201781

・南半球:201811

  

 

【試験的ルールの実施理由】

今回の試験的ルールの実施理由は2

1.   競技のプレー、および、レフリングをするにあたりよりシンプルにすること

2.   プレーヤーウェルフェアをさらに推進すること

 

【試験的ルールの内容】

試験的ルールとして実施されるルールは6

 

・スクラム:3

・タックル:1

・ブレイクダウン:1

・その他の反則:1

スクラム

競技規則5 スクラムへのボールの投入、および、20.6 (d) スクラムハーフによるボール投入

・ボール投入の合図なし(レフリーからの合図はなし)

・ハーフの立ち位置

スクラムハーフはまっすぐにボールを投入しなければならないが、スクラム中央の線に自分の肩を合わせてよい。すなわち、スクラムハーフはスクラム中央の線から自分の肩の分、自陣よりに立つことが許される。

スクラム

競技規則9(b) スクラムにおける、その他の制限

No8は、LOの足下にあるボールを拾ってよい。

スクラム

競技規則第20条 スローイン後に足でボールに触れること

・マイボールスクラムのチームは、足をかきボールをとりにいく。押すだけではNG

タックル

競技規則の修正 4(c)

・タックル後は、立ち、自分のゲートからプレーする。

タックラーは、ボールをプレーする前に一度立ち上がらなければならず、またタックルゲートの自陣側からプレーしなければならない。

ブレイクダウン

競技規則のブレイクダウン修正 16条「ラック」

・タックル後、「すぐ」手を使うことはOKだが、相手選手が到着したら「手」は使えない。

ラックは少なくとも一人のプレーヤーが、両足で地面にある(または、タックルされたの上、タックラーの上にある)ボールをまたがって立つことで開始される(この時点でオフサイドラインが形成される)。

両足で立ったプレーヤーは、すぐに行う限り、ボールを拾うことが許される。

敵のプレーヤーが到着した瞬間、手の使用はできなくなる。

その他の反則

競技規則4 その他の反則

・ラックのボールは蹴ってはいけない。後ろにかくだけ。